仕事を辞める理由で最も多いのが「人間関係」
仕事を辞める理由で一番多いのは人間関係に疲れて退職してしまうことです。上司や同僚との人間関係は仕事をする環境に大きな影響を与えます。勤務時間には社内外の多くの人と接しなければなりません。社外の人とは、原則として一定の距離感を持って関係を構築することになるでしょう。しかし、社内の人、例えば、上司からは理不尽な叱責や注意を受けたり、同僚からは心無い言葉を浴びせられたり、仲間外れにされたり、といったことを感じてしまうこともあるでしょう。
このような環境で仕事をすることで、やる気がなくなったり、場合によっては心の病気になってしまったりすることもありえます。したがって、人間関係を悪化させたまま仕事を続けることは健康の面からも決して良いことではありません。

周りが悪いばかりではない

人間関係が悪いことの原因はどこにあるのでしょうか。多くの場合は、自分以外の誰かに原因があると考えがちです。確かに人間的に問題がある人がいることは否定しません。しかし、全て自分以外の人のせいにして良いのでしょうか。他人に問題があると考えることは、人間関係の問題の本質から目を背けていることにつながります。その人はどんな人とでも仲良くすることができない人なのでしょうか。もしかしたらあなたとだけ良い関係が構築できていないのでしょうか。他人のことは2割減、自分のことは2割増、で評価する、ということが言われますが、相手の評価をする前に、自分の職場での言動や行動を冷静に客観的に分析してみましょう。

自分の態度に問題は無いのか考える

自分の態度に問題がないかどうかを考えることは決して簡単なことではありません。自分では気が付かないうちに相手を不愉快にさせてしまうこともあります。良かれと思って注意したことが相手を不愉快にしてしまうことがあるかもしれません。他人は自分と同じ考えではないのです。自分の気持ちを相手に伝えることはとても難しく、たった一言では多くの場合言葉足らずですし、同じことを何度も繰り返されると相手はうんざりします。自分のどんな態度が相手を不快な気持ちにさせているのか相手の気持ちになって考えてみましょう。

自分の仕事に問題は無いか考える

次に、自分の仕事に問題がないかどうかを考えてみましょう。会社はチームで協力して成果を求めるものです。自分一人で仕事を勝手に進めたり、反対に全く協力していないのに成果だけを享受しようとしたり、している人は職場の人から敬遠されるでしょう。協調性の有無は職場の人たちと良好な関係を築くためには非常に大切なポイントです。ただし、協調性は重要ですが、何でも妥協することも嫌われるかもしれません。妥協することと協調性を持つことは全く別です。必要な場面で自分の意見を建設的に述べることで、職場の人から信頼を得ることになるかもしれません。

他人に合わせるのが疲れたらすべき事

そうは言っても場合によっては他人に自分を合わせることで円滑な人間関係を維持していると言う面がないとは言えません。これには他人との関係で自己主張をしすぎることと同様に、自己主張しなさ過ぎるという問題が含まれています。自分を殺し続けていることは精神衛生上良いことではありません。自分さえ我慢すれば、という考え方は一見美しい考え方のように感じますが、そう考えている人の心は疲れ果て、どこかに心の歪みが現れてしまう危険性があります。ひどい場合には、精神科の医師にかからなけらばならなくなる可能性さえあります。体と同様に心にも無理をさせてはいけないのです。

他人に理想を求めない事

前述しましたが、他人はあなたではありません。あなたが理想としていることを他人に強要してはいけません。同じ理想を共有してくれる職場の仲間がいれば、そんなに素晴らしいことはありません。自分を理解してもらう過程で、あなたの理想に共感してくれることもあるでしょう。しかし、現実的には、あなたと他人は別の人間なのです。あなたの理想を完璧に理解してもらうことは無理でしょうし、理解させようとする態度も不愉快に映るでしょう。
あなたの理想を理解してもらうことは大切ですが、他人にその理想を押し付けることは厳に慎むべきです。

自分を他人に合わせすぎない事

また、相手に好かれようと思って、自分を相手に合わせすぎるのはやめましょう。一時的には相手との関係が好転するかもしれませんが、それはあなたが我慢していることの裏返しに過ぎません。その結果として自分自身の精神状態に変調をきたす可能性もありますし、他人からもあの人には自分がない、というふうに見られてしまいます。協調性は大切ですが、何でもかんでも相手に合わせることとは違います。

改善が無ければ仕事を変える

このように、職場での人間関係を良くするためには、自分自身に原因があるかどうかを分析して自分を変える努力をすることが大切です。しかし、いくら自分が変わったとしても職場環境が変わらない場合もあります。冷静かつ慎重に考える必要はありますが、自分が努力して変わったにもかかわらず職場の人間関係に改善が見られない場合には、転職をして仕事を変えることもひとつの方法です。我慢するばかりが解決策とは限らない場合もあるのです。

まとめ

会社勤めをしている方は1日の大半を職場で過ごします。だからこそ、職場で受ける精神的影響は大きいのです。まずは自分の行動や考え方を見直してみて、それでも人間関係に疲れたら転職などの次のステップを考えるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です