心や脳の病気が原因で人間関係で悩む人は多い
人間関係が上手に構築できなくて悩んでいる人の中には、心や脳の病気が原因でそのような症状が出ているケースがあります。例えば、他人と目を合わせることができなかったり、他人との距離感がつかめず上司や目上の人にも友人のように接してしまう、など、の症状がありませんか。このような症状が現れている人の中には、「発達障害」などの病気が隠されている可能性があります。
このような病気を抱えている場合であっても、早期に発見して、適切な対処をすれば、人間関係も上手く構築できるようになっていきます。

発達障害の人は感じ方がちょっと違う

発達障害とは、発達障害者支援法に「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。具体的には、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさや凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人との関係性のミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害のことです。

聴覚過敏で苦手な音がする場所に行けない

発達障害に限らず聴覚過敏という症状は現れることがあります。聴覚過敏とは、耳に入ってくる環境音に対して、不快感や苦痛をともなう状態を指します。聴覚過敏自体は、音に不快感を持っているという「状態を指す言葉」であり、あくまで病気ではありません。しかし、発達障害のある人は、外部の様々な刺激に対して知覚作用が鋭いことがあり、音のする場所に行くのを嫌がります。聴覚過敏の症状が発達障害によるものなのか、そうでないのか、によって治療方法が異なる場合がありますので、精神科・心療内科もしくは耳鼻科で専門医に相談してください。

他人の微妙なニュアンスが読み取れず悩む

発達障害の一種であるアスペルガー症候群では、曖昧なコミュニケーションが苦手、空気が読めないので不適切な表現をしてしまう、相手の気持ちを理解することが苦手、といった症状が現れることがあります。対人コミュニケーション能力や社会性などに障がいがある一方で、知的障害や言葉の遅れなどがないために、周囲からはあまり理解されにくい病気と言えます。アスペルガー症候群の根本的な医学的な治療法は現段階ではありません。なるべく早期に本人の困難や生きづらさに気付き、診断を受けるなど専門家のサポートを受け、環境調整や療育などで適切な対処法を続けることが最良の治療法と言えるでしょう。

人間関係が原因でうつ病を発症する人もいる

現代では人間関係も複雑になっているので、その人間関係が原因でうつ病になってしまう人も多くいます。うつ病とは気分障害の一種で、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の減退、焦燥、食欲低下、不眠、悲しみや不安の持続、などを特徴とした精神障害のことです。うつ病になるとこれまでのように仕事を続けていくことが難しくなる場合があります。

頼られる性格の人は発症する確率が高い

普段、会社などで頼られている人はうつ病になる可能性が高い場合があります。
無理をして自分の能力以上の仕事を頼まれてしまったときなどに、実際は不安や心配でいっぱいなのに無理をしていると心が耐え切れなくなってしまうことでうつ病になってしまうのです。

治療のために環境を変える事も大事

うつ病の治療には、絶対に無理をしない、させないことです。場合によっては、労働環境や家庭環境を変化させることも重要です。現在の環境のどこかにうつ病の原因が隠れている場合があるからです。

人間関係の改善よりも環境と考え方の改革を!

人間関係そのものを改善することは容易ではありません。相手のある話ですし、人間関係が悪化しているその原因を解決しない限りは、同じようなことがまた起こってしまう可能性もあります。しがって、自分の周囲の環境を改善すること(過ごしやすい状態にすること)と自分の考え方(自分が弱いからだ、といったような考え方は改めて、病気だから仕方ない、くらいの大らかな気持ちを持つ、など)を変えることが大切です。

転職をする事で新たな人間関係を築く

場合によっては転職をして、自分自身の労働環境を変えて、人間関係も新たに構築し直してみることで症状が改善するかもしれません。古い人間関係に煩わされることがなくなりますし、心機一転して新生活に臨むことができます。

専門医を受診して治療を試みる

症状によっては専門医による治療が効果的な場合があります。
特に心の病は難しく、素人判断で対応するととんでもない状態になってしまうことがあります。

自分の事や病気の事を理解してもらう努力をしてみる

最近では心の病に関する理解もだいぶ進んできています。会社によっては、メンタルヘルスの充実を従業員の福利厚生として重要な施策に掲げているところもありますので、積極的に活用するべきでしょう。
また、自分自身でも、自分のことや病気のことを会社や同僚にわかってもらえるような努力をすることが重要です。環境を変えていくことは会社と本人が協力して進めることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です