人間関係を少しでも良くしたいと悩む人が多い時代
他人との交流の頻度が極端に減っている時代に生きている私たちにとっては、他人に悪く思われたくない、関係を良くしたい、と考えるのは当然のことです。
逆に、人間関係がこじれてしまった時にどうやって関係を修復したらよいのか、悩むことも多いと思われます。特に他人とのお付き合いの経験度合いが少ない人にとっては難しい問題に感じられるのでしょう。
どういう人が人間関係で悩むのか、また、人間関係を良くするために大切な行動とはなにか、について説明します。

人間関係で悩む人ってこんな人

人間関係に全く悩むことなく誰とでも分け隔てなく付き合える人がいる一方で、自分が他人に言って一言や行動をいつまでもウジウジと悩んでいる人もいます。
性格が違うから、といった言葉だけでは解決できない原因がそこにはあるような気がします。
自分では気が気が付かないうちに、他人に対して不快な行動や発言をしてしまっている場合があるのではありませんか。
人間関係に悩んでいる人がついやってしまう行動とはどのようなものなのでしょうか。

■他人に対していつも批判的
他人に対して常に批判的な発言をしている人は煙たがられる存在です。
独善的に見えますし、例え的を射ているような発言だとしても、聞いている人は面白くありません。
ましてや批判されている当事者であれば当然です。
基本的なことですが、他人を批判できるような立派な人であればあるほど、批判は慎むべきであることをよく知っています。
ただし、相手に面と向かって注意をしなければいけない場合もあるでしょう。
建設的な注意であったとしても、相手の気持ちを慮り適切な言葉を選んで、批判と受け取られないような配慮が必要です。

■他人に対して見下した言動をとる
相手を馬鹿にして見下したような言動をとっていないかどうかを確認しましょう。
自分ではそんな気持ちはないとしても、顔の表情や言葉遣い、仕草などによっては相手にそう思わせてしまう場合があります。
このような言動はなかなか自分では気が付かないものです。
家族などの身近な人に客観的に自分の言動に人を見下すような部分がないかどうかを確認してみることもおススメします。

■自分が批判(注意)された時言い訳をする 
逆に自分が他人から注意された時に素直に聞き入れず、言い訳ばかりすることも嫌われます。
相手は良かれと思い、自分が嫌われるかもしれないと考えて、注意をしているのです。
相手に、注意をしない方が良かった、と思われたら、今後あなたに注意をする人はいなくなってしまうかもしれません。
良薬は口に苦し、ですので、相手に注意されたら先ずは感謝の気持ちを持ち、これからどうしていけば良いのかを相手に相談することで建設的なコミニュケーションが図れるでしょう。

■自分の価値観を押し付ける
物事の捉え方は千差万別であることが当たり前ですので、自分とは相容れない価値観を持っている人もたくさんいます。
他人に自分の価値観を押し付けるようなことは絶対に止めましょう。
自分が逆立場で他人から異なる考え方やものの見方を強制されたらどうでしょうか。
相手の価値観を理解しようと努力することこそ大切ですが、自分中心に考えてはいけません。

■距離感がわからない人
他人と仲良くしたいと思うのは人間であれば誰でも思っていることでしょう。
しかし、人間にはここから先には立ち入って欲しくないという境界線があります。
いわゆる「プライベート領域」と呼ばれるものです。
その人との関係性(親子、兄弟、親友、など)によって、この境界線は変わるものですが、ずかずかとこの領域を侵す人は嫌われます。
自分でOKだと思っている境界と他人がOKだとしている境界線は異なりますので、相手の表情や発言に注意して、もし踏み込みすぎたと感じたならすぐにその境界線の外に出ることです。

人間関係を良くしたいならすべき事

それでは人間関係を良くするためにするべきこととはどのようなことでしょうか。

■自分から挨拶をする事
まず自ら進んで挨拶をすることが大切です。
挨拶はコミニュケーションの始まりですので、気持ちよく挨拶を交わすことから始めましょう。

■言い訳をしない事
言い訳をする人は嫌がられます。
相手からの注意に対して、まずはその意見を受け入れて、その上で誤解があれば正す、という建設的なやり取りが大切です。
相手の言うことを全て受け入れる必要はありませんが、言い訳にならないように注意すべきです。

■苦手な人だと感じても顔に出さない
目は口ほどにものを言う、といわれますが、苦手な人を相手にする時にはその気持ちが表情に表れてしますことがあります。
相手も人間ですのであなたのその表情はわかってしまうのです。
ポーカーフェイスをしなさい、とまでは言いませんが、気持ちを顔に出さないように気を付けましょう。

■感謝の気持ちと笑顔を忘れない
どのような相手であっても、他人とコミニュケーションを取る際には笑顔を忘れずに、常に感謝の気持ちを持って接するようにしましょう。
自分の気持ちが穏やかであれば、接してくる他人も同じような気持ちで近づいてくるようになります。
他人は自分の鏡なのです。

自分は変わっても相手を変えようとしない事が大事

人間関係を良くするためには、相手を変えようとしてはいけません。
相手を変えるのは至難の業ですし、新たな火種を起こしてしまうかもしれません。
自分が変化することによって他人との付き合い方も大きく変化するのではないでしょうか。
繰り返しますが、他人は自分の鏡、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です