退職や転職する人の理由で「人間関係」と答える人は多い
サラリーマンやOLが会社を転職したり、退職したりする理由の多くは、人間関係が上手くいかなかったことを挙げています。
しかし、人間関係を悪化させている原因の多くは、相手にあるのではなく自分自身にあるのかもしれません。
職場で人間関係が上手に構築できないと感じてしまう理由とどういった原因で人間関係が壊れてしまうのかについて説明します。

職場の人間関係がうまくいかないと感じる理由とは?

職場の人間関係と一言で言っても、相手が上司で自分が部下、反対に自分が上司で相手が部下、同世代の同僚同士、など、り様々な関係性があります。
学生の頃と大きく異なるのは、世代、年齢、育ってきた環境、入社後の(あるいは社会人としての)経験の深さと幅、など、自分とは全然違う人々と一緒に仕事をしなければならないということです。
基本的に自分とは違った人と仕事をするわけですから、お互いに理解しようとする気持ちが大切です。

自分と合わない人が上司にいる

自分とは合わない上司がいる、という話はよく聞く話です。
逆に自分とは何でも馬が合って分かり合っている上司がいる、という話はあまり聞きません。
上司にしてみれば、部下には早く一人前に育って欲しいし、多少の挫折や苦しい場面を乗り越えて欲しいという気持ちがあるでしょうから、いつも甘い顔をしているわけにもいかないでしょう。
自分自身の成長のためには、厳しい上司の存在は大変貴重です。
ただし、上司の態度がパワハラ的なものであるとしたらそれは問題です。
社内の然るべき部署などに相談をしましょう。

自分が阻害されているような気がする

職場で自分が仲間外れにされているように感じると仕事をしていても楽しくはないですよね。
本当に仲間外れにされているのか、もし本当にそうであれば自分に原因がないかどうかを思い出してみましょう。
多くの場合は何気ない同僚などの言葉を気にしすぎていることが多いと思われます。
ただ、仲間はずれにされていると思い込んでしまうと、どんな言葉でも態度でも悪い方へ悪い方へと考えてしまいます。
冷静に考えて、あなたを阻害することには職場にも同僚にも何のメリットもないはずです。

自分の評価が悪いと感じてしまう

自分と会わない上司がいたり、職場で阻害されていると感じたり、すると、結果的に自分の評価が悪いと感じてしまいます。
実際に人事評価や賞与査定などの場合に評価が厳しかったりすると、上司や同僚のせいだと考えてしまう場合があります。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
人の評価は基本的には客観的に行われているはずですので、同僚に比べてどういった点が優れていてどういった点が劣っているのかは冷静に自己分析をしてみましょう。
どうしても納得がいかない点がある時には人事部の人間など客観的な第三者に相談してみましょう。

職場で人間関係を崩している人とは?

職場で人間関係を崩している人には共通の特徴があるような気がします。以下の特徴が自分に当てはまっていないか、チェックしながらみていきましょう。

自分中心で価値観を押し付ける人

職場は家族や友人の集まる場所ではありませんので、自分とは異なる様々な価値観を持った人が集まっています。
その中で自分の価値観が正しいと信じて他人の価値観を否定する人は敬遠されます。
異なる相手の価値観を尊重したうえで、その人と付き合うことができる人が職場では好まれます。
決して他人に迎合することまでは必要ではありませんが、相手の価値観を否定することは職場で孤立してしまう恐れがあります。
相手のことを思いやることは社会人であっても大切なことなのです。

気分によってコロコロと態度が変わる人

また、気分屋も人間関係を構築するのが難しい人です。
人間は誰しも機嫌が良い時、悪い時、があります。
しかしその気分次第で態度を変えて相手に接することは決してしてはいけません。
他人とどう接するかを自分でコントロールできる人であれば、人間関係に余計なさざなみをたてることもないでしょう。
感情をコントロールできない人である、ということになれば同僚はあなたから離れていってしまうでしょうし、人間関係を構築することも難しくなるでしょう。

人によって態度を変える人

また、上司に媚びへつらい部下に必要以上に厳しく当たるなど、人によって大きく態度を変える人も嫌われます。
上司と部下であれば接する態度は異なって然るべきですが、それは必要な礼節の範囲内であるべきものです。
ゴマすり、おべっか使い、などの評判が立つと職場での評判は悪くなってしまうでしょう。

相手は変えられないから自分が変わる努力を!

人間関係を改善するには相手を変えられれば一番良いのですが、実際には他人を変えることは至難の業です。
したがってまずは自分が変わろうと努力をすることがとても大切です。
職場で多くの人に好かれている人は普段どういった言動や態度をしているのだろうか、あるいは絶対にしないことは何のか、といったことを自分なりに分析をして、真似できる点は真似をしてみても良いかもしれません。

それでもだめなら新天地を目指して転職する事も必要

自分なりに努力をして変わったという自覚があっても人間関係が好転しない職場にいる場合には、最終的には転職をして新たな人間関係を構築することも必要かもしれません。
いつまでも我慢を強いられる必要はありません。
努力しても変化がない場合には、自己防衛という観点からも、転職という手段を選ぶことは否定しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です