人間関係を円滑に保つためのコツを掴む方法

逃げるより円滑な人間関係を築くという選択
職場で毎日顔を合わせる人が苦手で仕事に向かう足が重かったり、友人と揉めてしまって学校に行きたくないなど人間関係で憂鬱な思いをしたことはありますか?誰しも沢山の人と関わりながら日々生活を送っているのでそう感じることは少なくないはずです。
そんな憂鬱な思いを忘れるため人間関係のトラブルから逃げるか、それとも逃げずに問題にぶつかるかは今後の生活が大きく変わる選択です。今まで逃げてきたという方は改めて考え直すチャンスにしてください。

直面している問題から逃げるのは簡単ですね。ですが仕事なんていくらでもあるから辞めちゃえばいいなんて思っていると、結局どこの職場でも長続きしません。
ただただ逃げただけでは同じことを繰り返してしまいます。さらに転勤ばかり繰り返すと何か問題がある人だと思われて雇われにくくなってきます。自分自身も慣れた仕事を辞めて新しいことを一から始めるのは大変な事にですし、多すぎる転勤は沢山のリスクがあります。
ではそんな逃げ道を選ばなくても良いように、人間関係を円滑に送れるコツを掴んでください。

人間関係を円滑にするメリット

円滑な人間関係を築くことができると自分にとって沢山のメリットがあります。もちろん円滑に送ろうと努力するにあたって、時にはストレスが溜まることもあります。
ですがそんなデメリットと比べ物にならないほどのメリットを得られることができるのです。

人間関係での悩みが減る

良い人間関係とは自分だけでは決して作り上げることが出来ません。ですが自分の努力次第で作ることは可能です。
そして良い人間関係を作り上げると、相手とのやりとりが気軽にでき、更にスムーズにことが運びます。つまりコミニュケーションを取るにあたって悩む必要がなくなります。
さらに悩みや不安を抱えている人はそのことを打ち明けて心を楽にする為に、悩みを打ち明けられる関係の相手を見つけると一人で溜め込まずに済みます。または距離を縮められそうな人とその関係性を作り上げます。
これで一人で悩むことでのストレスや不安、さらに逃げることへの防止になります。それどころか溜まってしまった気持ちを打ち明けることで、気分が晴れたり心が楽になります。
話を聞いてもらえるとストレス解消につながるので、そんな相手が一人でも居ることは大きなメリットです。

仕事もスムーズになり楽しくなる

職場では例え嫌いな人や相性が悪い人でも簡単に関係性を崩すことはできません。多くの人が仕事だからと割り切ってある程度の関係性を保っています。
職場での関係性を円滑に保つことでお互い助け合い、協力することができます。チームワークは仕事をするにあたってとても重要になってきます。
例え一人で作業している職種の方でも、取引先との関係性が良好でなければ利益を得ることが難しくなります。
仕事をするにあたって必要なコミニュケーション能力を磨くことは、仕事がよりスムーズになり自分にとって『やりやすい』職場環境を築くことにつながります。
自分が仕事しやすい環境を作れることはマネジメント能力が高い証拠であり、出世や昇進にも影響します。
自分にとってはもちろんですが、周りの人にとっても関わりやすい仕事仲間であり居心地の良い職場環境であると、仕事内容の向上が期待できます。
実際に良い環境が作れれば、職場へ向かうのが楽しみになり生きる活力になります。自分が日々の生活を楽しめる為に、環境を変え作る努力をしてください。

人間関係を円滑にするためにすべきこと

人間関係を円滑にするためにまずは今の環境を見直してみてください。場の空気を乱すような事をしていたり、苦手だからわざと遠ざけていたりすると嫌な人または関わりたくない人と思われてしまいます。
自分自信がこんな事されたら嫌、こんな人と仕事したくないって思うような行動や発言はしていないか振り返ってみてください。
もし思い当たる点があるのなら今すぐ辞めましょう。一度悪い印象を持たれると簡単に消すことができません。
手遅れになる前に普段の発言や行動を見直し、改善するよう努力してください。さらに円滑な人間関係を築くことを目標に日々生活することで自然と身についてくるでしょう。
相手への気づかいや尊重の気持ちを忘れないこと、言葉使いや身だしなみ、挨拶など些細はとても大切です。さらに心得ておく必要がある事を4つご紹介します。

人の事は褒めても悪く言わない

多くの人がどんな小さなことでも褒められると嬉しく思います。逆に褒められて嫌な思いをしたなんて話聞いたことありません。
褒められた方は関心を持たれている事と褒められた内容を嬉しく思うはずです。そして褒めた方は相手との距離をぐっと縮めることが出来ます。
褒めるという行為はお互いにとって気持ちの良い結果になります。相手の心を掴むチャンスを逃さないでください。
本人は良かれと思って言った行事でも、行き過ぎた褒めはお世辞や冗談に聞こえてしまう可能性があります。相手にとってはちっとも嬉しくありません。
そうならない為に相手に喜んでもらいたい前提で褒めることを忘れないでください。

・普段から相手の長所を見つける癖をつける
・目立たないことや意外なポイントを褒める
・相手にとって大切なことやものを褒める

さらに直接本人に伝えるだけではなく周りの人へ褒めている事をアピールし、周りから本人に伝わる方法もあります。人伝えに聞くと信憑性があり、喜びがより大きくなります。
褒め上手になるには沢山褒めて実績を積んでください。ですが逆に悪く言うことは決してしないでください。
ムカついたことを口に出してしまったり、日頃のストレスが溜まりつい嫌味や悪口を言いたくなります。ですが悪口を言うことは本人にデメリットしかありません。
実際に言った本人はスッキリするかもしれませんが、一方で印象は悪くなります。関わりたくない、自分も悪口を言われるんではないかと思われてしまいます。

日頃のストレスや不満を吐き出すのは家族や親しい友人などの深い関係性の人にしてください。

話し上手・聞き上手は3:7

聞くより話す方が得意な方もまずは聞き上手になってください。話しをしてくれるのは相手が自分の事を信頼している証拠です。
実際に悩みや相談事が解決しなくても話を聞いてもらうことで心がスッキリし、気が楽になります。そんな自分のはけ口になってくれる相手は頼れる存在として関係が成り立ちます。
話したいと思えるような聞き上手になる為には簡単なポイントを抑えるだけで十分です。まず相手が話している内容に興味を示してください。
そして頷いたり驚いたりなどリアクションすることを忘れないでください。『そっか』『うんうん』などのあいづちを忘れずに話を聞いてください。
これだけで話している人は自分の話を真剣に聞いていてくれて嬉しいと思うことができます。話すことでスッキリし、聞いてもらうことで満足できます。
そして注意しておきたい事が、決して話をさえぎって自分が話し始めないよう気をつけることです。
さらに相手は話を聞いてくれることで満足度を得るので、毎回100%を尽くして話を聞く必要はありません。これではかえって自分が疲れてしまいます。

人によって態度をあからさまに変えない

良好な人間関係を築くにあたって大切なのが相手との適度な距離感です。この距離感を間違えてしまうと、相手にとって接しにくい人になってしまいます。
例えば学校で仲の良い友達と突然距離が縮まり何をするにも一緒だと少し疲れてしまいませんか?まるで友達に自分を独占されているような気分になります。
友達や仕事仲間とはある程度の距離が保てている方が気楽に接することができます。近すぎると疲れてしまい、遠すぎると接しにくい関係になってしまいます。
踏み込みすぎず踏み込まれすぎないのが適度な距離感です。この距離感を保つことで良好な人間関係を築くことができます。

円滑な人間関係を築くためには我慢も必要

人間関係は相手がいてこそ成立するのもので自分の思うようにいかないことだらけです。時にはストレスを感じることもあります。
仕事ならば苦手な相手とも我慢して笑顔で接することが必要になります。些細なことですが作り笑顔はするだけでストレスが溜まります。
これは我慢という努力であり、円滑な人間関係を築くためにする努力は絶対に今後の自分の為になると思いを持ち続けましょう。

そして疲れたら気分転換に自分の好きな事をして思い切りストレス発散してください。間違えてもいきすぎた我慢はしないでください。

我慢しすぎると心と体に悪い影響を与えてしまいます。自分の限界を理解しながら上手に我慢と付き合ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です