人間関係の悩みの共通点
社会に出て生活していく上で、人間関係についての悩みは尽きないものです。
学校や職場で他人と付き合っていく上で、互いの性格や意識のずれに悩まされている方も、多いのではないでしょうか。
日本人は特に他の人間に対して気を使ってしまう人種ですので、人間関係の悩みとは現代人にとって共通の課題なのかもしれません。
多くの人が抱いている人間関係の悩みには、どのような共通点があるのでしょうか。

他人との会話が続かない

他の人と一緒にいてもなかなか会話が続かず、居心地の悪い空気が続いてしまうと気まずいものです。
言葉を投げかけたとしてもキャッチボールを続けることができず、すぐに会話が終わってしまうと再度話しかけるのも躊躇してしまうかもしれませんね。
共通の趣味等が見つかれば比較的、長めに会話を続けることはできるのですが、特に初対面の相手だとそういった段階までたどりつくのも難しいかもしれません。

相手との距離感がわからない

相手の方とどのくらいの距離感で付き合っていくべきなのか、なかなか掴みきれないという方も少なくないのではないでしょうか。
特に初対面だとちょうど良い距離を見極めるには、なかなか時間がかかってしまいます。
フランクに接しすぎると相手に馴れ馴れしいと思われてしまうかもしれませんし、逆に必要以上に丁寧に接すると相手も身構えてしまうかもしれません。
互いにとって良い距離感で付き合っていくのは、人間関係において非常に難しい点です。

常識の線引きがわからない

相手と接していく上で、互いにとっての「常識」の範囲が掴めない、という場合があるかもしれません。
自分にとって常識と思っていることでも、相手にとっては規格外のことであったり、思いがけない場面で失礼なふるまいをしてしまうことも。
お互い、生きる上での価値観が異なっているため、その常識のずれを見極めるのはなかなか困難です。

苦手な人間関係を克服するには(思考編)

人間関係の苦手を克服するためには、どのような思考を身につけ、相手と接していくべきなのでしょう。
まずは自分の中に人間関係を良好にしていくための、思考をしっかりと根付かせることが重要です。
人間関係において重要な思考についてご紹介します。

人の考えは一つではない事を理解する

自分の考え方が、必ずしも相手に通用すると思い込むのは非常に危険です。
自分と相手はあくまで別々の人間であり、全く異なる人生を歩んでいるのですから、そこで身についた考え方も違ってきて当然です。
何億という人間が世界にいるのですから、考え方もその数だけあって当然なのです。
自分にとって正解、不正解と思っていることや、物事の基準点が相手に通用しない場合もある、ということを理解しておくことが大切です。

相手の意見をよく聞き理解に努める

こちらの意見を相手に伝えることはもちろん重要なのですが、それ以上に相手の意見をしっかりと聞き、理解しようとすることが必要です。
相手の話を聞くことで、相手が持っている思い、価値観、常識などを読み取ることができ、どのような接し方をしていくべきかが自ずとわかってきます。
たとえ自分の常識と違っていたとしても、まずは相手の意見にしっかりと耳を傾けることを心がけましょう。

人間関係を克服するには(行動編)

意識を変えたら、次は人間関係を克服すべく行動を変えていきましょう。
相手への印象に働きかけるのは、やはり接している際の行動が重要となってきます。
円滑な人間関係を築くために気を付けたい行動を見ていきましょう。

挨拶は必ず自分から行う

やはり、良い人間関係のためには挨拶は不可欠です。
出会った際、まずはこちらから挨拶を投げかけることで、相手との会話のきっかけを作り上げれるだけでなく、相手に良い印象を与えることもできます。
最初のうちは少し恥ずかしいかもしれませんが、挨拶をされて嫌がったり怒ったりするという人はまずいません。
積極的な挨拶を心掛けるようにしましょう。

人によって態度を変えない

人によって接する際の距離感は違ってきますが、あまりにも接する相手によって大きく態度を変えるのは気を付けましょう。
態度をころころと変えていると、八方美人を取り繕っていると思われてしまい、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。
なかには苦手な人間もいるかもしれませんが、それでも分け隔てなく接する平等なコミュニケーションをとることが重要です。

相手との距離は少しずつ縮める

相手と仲良くなりたい、という気持ちだけが先行してしまい、所かまわず距離を詰めようとするのも考えものです。
まだそこまで打ち解けていないうちは、相手も自分と同様に距離を測っている最中ですので、いきなり距離を詰めると困惑させかねません。
普段の会話の中で相手がどれくらい自分に心を開いてくれているかを観察し、徐々に少しずつ距離を縮めると安心です。

自分は変われるが他人は変えられないと理解する

良好な人間関係を築くため、意識や行動を変えていくことは非常に良いことです。
しかし、あくまで努力によって変えていけるのは「自分」である、ということをしっかりと心に留めておきましょう。
無理矢理、相手の意識や常識を捻じ曲げようとしてしまうと、それは決して良い人間関係とは言えません。

まとめ

あくまで、自分と相手は違う人間であり、無理のない範囲で自分を変えていくことで、人間関係を良好なものに変えていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です